ホンダセンシングを過信しないで!

最近は安全技術の向上により各社独自の安全装置を取り入れています。

少し前までは、燃費競争を制していくと勝てる時代なんて思われていましたが、今は燃費も安全面も充実した車をユーザーが望んでいる為、車の開発も大変だなんて思えてしまいます。

しかしそんな安全装置ですが、基本的な部分は人の手で操作をするのですから、補助装置と考えるべきなのですが、とにかく過信している方が多いように思えます。

実際に知人の男性も、フリードのホンダセンシング付きに乗っているのですが、センシングを過信しているのか、ACC(アダプティブクルーズコントロール)を使用していると車線維持や前方車両の追従がある為、ハンドルを持たずに運転をしている方もいらっしゃいます。

そんな方に注意喚起を含めて、ホンダセンシングの弱点を今回はご紹介します。

ホンダセンシングとは

ホンダセンシングとは、ホンダが現在力を入れている安全予防装置の事です。

このホンダセンシングは、軽自動車はN-BOXからレジェンドまで幅広く採用されており、冒頭のACC(アダプティブクルーズコントロール)をはじめ、歩行者認識機能や衝突軽減、標識認識機能まで幅広く安全への最新技術が盛り込まれています。

ホンダセンシングは操作をしたら反応しない?

ホンダセンシングは確かに、車線維持や逸脱防止など多くの安全予防機能が盛り込まれていますので、安全に運転ができる物だと言えるでしょう。

しかしそんな安全装置ですが、このホンダセンシングが作動する条件は、捜査をしない事なのです。

どういう事かというと、故意的あるいはハンドル操作によってラインを跨ごうとすると100%ではありませんが、安全装置が作動しないことがあります。

特に車線維持装置は、一度目は無理に車線に戻そうとしますが、そのまま車線を越えようとすると、作動せず難なく車線をまたいでしまうほどなのです。

これは良く考えてみると、ホンダの営業マンは居眠りなどでも車線を維持してくれるからと言いますが、居眠りによる急なハンドル操作の際には意味をなさない事の方が多いと言えるのです。

ですから車線維持に限らず、衝突軽減ブレーキなどにも言えることで、ハンドル操作をしてしまうと作動が正確にしない可能性があり、ついている機能は意味がない物になってしまうという事なのです。

反応をしない安全機能だからこそ

このように反応をする場合としない場合がある予防安全機能だからこそ、運転手の操作が大切になるのです。

もしも現在の技術で事故を起こしてしまうと、勿論運転手の責任になってしまいます。

これは予防安全技術であって自動運転技術では無いからなのです。

ですから、ACCを使用していてもしっかりとハンドルを握り、前を見て運転する事が大切だと言えるでしょう。

関連記事

  1. ちょっと待って!N-BOX買う前にもう一度考えてみよう

  2. その点検パック本当に必要?点検パックの裏

  3. 2月度新車販売ランキング/登録乗用車はノートがトップ

  4. プリウスに匹敵する燃費の「新型インサイト」の情報が発表された

  5. 話題の新車はどうなった?ライバルを超えたのか?

  6. 新型スペーシアはN-BOXを超えたのか?

PAGE TOP