プリウスに匹敵する燃費の「新型インサイト」の情報が発表された

ホンダはニューヨークオートショーでワールドプレミアされる新型ハイブリッド車「インサイト」市販モデルの公式画像と情報を発表しました。「インサイト」の詳細な価格はニューヨークショーで発表されることになりますが、シビックとアコードの間に位置するモデルとしていることからも、価格においても両車の中間となるはずです。また、燃費はハイブリッドクラスではトップクラスになる模様。発売時期は北米市場ではでは2018年夏頃とされています。

新しいインサイトは4ドアクーペ

新型「インサイト」のエクステリアデザインそのものは、デトロイトショー2018で公開されたものと変わらず、最新セダンで多くのメーカーが採用するようになったクーペスタイルとなり、なだらかに後方にしたがって下がるルーフラインや6ライトのウインドウを採用しており、新型アコードやシビックセダンと共通するデザインであるとともに、後席の頭上空間を稼いで居住性を向上させたデザインとなっています。また、新型「インサイト」のプラットフォームやサスペンション形式は新型シビックと共通となります。

そして、ハイブリッドシステムは、アコード同様のリチウムイオンバッテリーを採用した2モーター式ですが、よりコンパクトな1.5Lアトキンソンサイクルエンジンになっており、システム最高出力は151hp、最大トルクは267Nmとされ、アルミニウム製のエンジンフードを採用するなどして軽量化したこととあいまって、クラストップのパワーウェイトレシオとなっています。また、注目される燃費性能は、米国EPA(環境保護局)予想燃費で、市街地モードで23.4km/Lとされ、プリウスをほんの少し上回っています。

さらに、レーンキープアシスト、車線逸脱防止、低速追従機能付ACC、標識認識などの運転者支援システムを標準装備し、上級グレードの「EX」ではさらに、ホンダ・レーンウォッチやマルチアングルカメラを備えています。

まとめ

2世代目となる前モデルのインサイトは、当時破竹の勢いだったトヨタの「プリウス」に唯一対抗できる「プリウスキラー」として登場。一時は「プリウス」を凌ぐ販売台数を記録しましたが、その後ハイブリッドシステムの性能が向上されず、2014年にフルモデルチェンジされることなく消滅した「インサイト」。その名前が復活することは感無量ですが、時代はあの時と大きく変わっており、今回の「インサイト」はシビックの上位クラスのセダンとしてのポジションが与えられ、低燃費性能を武器にプリウス以上の販売台数を売りぬく、という役割は持たされていません。

日本市場への導入を望む声もありますが、シビックセダンでさえ高額なセダンであるのに、さらに上級セダンとなるインサイトは、日本市場に向いているのかというと、シビックセダンと違いがわかりずらいデザインであることも含めて、疑問のほうが大きいのです。

以上

関連記事

  1. マツダCX-8はミニバンに取って変われるのか?

  2. 2017年新型スズキクロスビーは広い室内と愛着の沸くデザイン

  3. ちょっと待って!N-BOX買う前にもう一度考えてみよう

  4. 話題の新車はどうなった?ライバルを超えたのか?

  5. その点検パック本当に必要?点検パックの裏

  6. 2月度新車販売ランキング/登録乗用車はノートがトップ

PAGE TOP