ちょっと待って!N-BOX買う前にもう一度考えてみよう

フルモデルチェンジ以来、爆発的に売れまくっているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」。ここまで売れると、買い替えを検討する時に、「N-BOX」を買わないといけないんじゃないかと思ってしまいます。でも、本当に「N-BOX」でいいんでしょうか?ここはもう一度、他の車種も検討してみては?

たしかに2017年にフルモデルチェンジされた「N-BOX」は、軽トーリワゴンとしての完成度は高く、安全装備も標準装備されるなど、他の追随を許さないモデルです。しかし、軽自動車ではありますが、販売価格は150万円台が中心で、4WDだ、ターボだ、カスタムだと欲張ると200万円にもなってしまいます。

ここで、もう一度考え直してみる必要があります。150~200万円でどんな車が買えるのか?そこで、話題の新機種を中心に、価格面からセレクトしてみました。

N-BOX G・L Honda SENSING 1,499,040円を検討するなら

トヨタヴィッツ 1.3F “Safety Edition” 1,541,160円
トヨタ タンク/ルーミーX“S”/X 1,463,400円

マイナーチェンジでフロントフェイスを中心にリフレッシュされた「ヴィッツ」に、「トヨタセーフティーセンスC」や専用インテリアを加えた特別仕様車です。1.0L車は1,384,560円と、非常にリーズナブル。室内の高さを必要としないなら十分な広さと、1.3Lエンジンの余裕ある走りで、遠出も苦にならないはずです。

どうしても、広い室内のトールタイプが必要なら「タンク/ルーミー」。いくら広いと言っても軽自動車の「N-BOX」には限界があります。特に室内幅が「N-BOX」の1,350mmに対して、同1,480mmの「タンク/ルーミー」の余裕は歴然。しかも、安全装備も標準、もちろん1.0Lエンジンはパワフルとはいかないものの、660ccエンジンとは比較にならないでしょう。それでこの価格ですから、検討しないほうが不自然です。

N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSING 1,895,400円を検討中なら
スズキ スイフトスポーツ 1,836,000円

ファミリーカーイメージは払拭したいし、走りもきになるからとカスタムのターボ仕様を選ぶなら、本格的スポーツハッチの「スイフトスポーツ」はどうでしょう。140psの1.4L直噴ターボとスポーツサスペンションによる走りは、軽トールワゴンとは比較になりません。試乗したら「N-BOX」にはもう戻れないかも。

まとめ

これはほんの一例。この「N-BOX」の価格帯には、国産コンパクトカーの全てが詰め込まれています。それだけ
「N-BOX」が割高なのか?それとも「N-BOX」が同じ価格のコンパクトカーより魅力的なのか?選ぶのはユーザー、そしてその結果がこの売れ行きなのでしょうか。

N-BOX :2018年1月度販売台数19,309台

関連記事

  1. ホンダセンシングを過信しないで!

  2. プリウスに匹敵する燃費の「新型インサイト」の情報が発表された

  3. 話題の新車はどうなった?ライバルを超えたのか?

  4. 2月度新車販売ランキング/登録乗用車はノートがトップ

  5. 2017年新型スズキクロスビーは広い室内と愛着の沸くデザイン

  6. クルマの安全装備はどこまで理解してる?

PAGE TOP