新型「ポロ」は大きくなってもやはりポロ

フォルクスワーゲングループジャパン(以下VWジャパン)は3月20日に、フルモデルチェンジされたコンパクトカー新型「ポロ」を発売しました。「ポロ」のフルモデルチェンジは約8年ぶりで、VWグループのモジュラー戦略であるMQBの採用で室内空間を拡大し、デザインも一新、そして安全性能も向上させています。価格は209万8000〜265万円となっています。

拡大したボディサイズ

新型ポロは全面改良を機に生産モジュールのMQBをベースに開発され、先代に比べて全長、全幅ともに拡大され、室内スペースは広くなり、とくにホイールベースが80mm拡大されたことで、後席の快適性や乗降性が格段に向上しています。さらに、ラゲッジルームは71Lふえて351Lとなっています。

また、全幅が65mm広がり3ナンバーサイズになったことで、これまでのユーザーから懸念されるとする意見もありますが、もっと広くというリクエストの方が多いことから、居住空間もラゲッジスペースも大きくしたということです。

新型ポロのスタイリングは、デイタイムランニングライトや、刷新されたフロントバンパーによって力強さが加わり、ボディサイズが拡大したことで、ワイド&ローのスポーティーなイメージになりましたが、一目でポロとわかるデザインとなっています。新型ポロは、「ゴルフ」より若い層と、これまでの女性ユーザーに加え男性にも注目される車種にスタイリングも進化したようです。

安全性能も向上

また、1.0ℓTSIエンジンは、7速DSGトランスミッションと組み合わされ、安全性能では、プリクラッシュブレーキに歩行者検知機能を追加したほか、ブラインドスポットディテクションを新規採用するなど機能を向上させました。さらにインフォテイメントシステムも充実させています。

 

まとめ

VWジャパンのティル・シェア社長は発表会において、「MQBの採用によって快適性やデザイン、コネクティビティなどすべてにおいて大きな進化を遂げた。ここ日本においても新型ポロはクラスを超えた新しいベンチマークになると確信している」と述べています。

確かに、209万円からという価格帯と、大きくなって3ナンバーとなったとはいえ、4mそこそこのボディサイズは、国内のコンパクトカーにおいて、ベンチマークとなるのは明らかで、とくに居住性能などは、ポロと比較してどうなのかという新しい基準になるかもしれません。

新型ポロのラインナップと価格
TSI Trendline:2,098,000円
TSI Comfortline:2,299,000円
TSI Highline:2,650,000円

1.0ℓTSIエンジン
最高出力:70kw(95ps)
最大トルク:175Nm(17.9kgm)
JC08モード燃費率:19.1㎞/L

 

関連記事

  1. 2017年新型スズキクロスビーは広い室内と愛着の沸くデザイン

  2. クルマの安全装備はどこまで理解してる?

  3. 新型スペーシアはN-BOXを超えたのか?

  4. プリウスに匹敵する燃費の「新型インサイト」の情報が発表された

  5. 話題の新車はどうなった?ライバルを超えたのか?

  6. その点検パック本当に必要?点検パックの裏

PAGE TOP