クルマの安全装備はどこまで理解してる?


※経済産業省で推奨しているサポカーSのサムネイル画像です

現在、「ホンダセンシング」や「トヨタセーフティ-センス」、そして「アイサイト」といった、先進運転者支援システムといわれる安全装備は、もはや当たり前の装備となっていて、軽自動車にも標準化されています。ところで貴方の車にはどんな装備が付いているのか、それはどんな機能なのか、全て知っていますか?

自動ブレーキにも色々ある

自動ブレーキ(衝突軽減ブレーキ)は、もう随分前から装着が始まっていて、装備されていない車種を探すほうが難しいほどです。しかし、その自動ブレーキにも性能には大きな差があり、時速100㎞から作動するものから、時速30㎞からとなっているものまで千差万別です。
最近マイナーチェンジされたホンダの「ヴェゼル」に装備される「ホンダセンシング」を例にとってみると、衝突軽減ブレーキは、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両に対して衝突する可能性がある場合に作動し、自動的に停止または減速します。また、対向車両と歩行者に対しては、約80km/h以下で走行中の場合に作動します。
つまり、自動ブレーキは5~80km/hの間で作動することになり、国産車では優秀な部類に入ります。しかし、ここでポインントとなるのは(二輪車や自転車等を除く)という但し書きがあること。スバルの「XV」に装備される「アイサイトⅢ」では、歩行者や自転車も認識するので、この点では「XV」の方が優位と言えます。
そして、自動ブレーキ以外にも大きな性能差がある機能が存在します。

前も後ろも絶対必要!誤発進抑制制御

今、最も注目されるのが、誤操作による急な飛び出しを防ぐ[AT誤発進抑制制御]機能です。駐車場でのアクセルとブレーキの踏み間違い事故のニュースが、毎日のように報道されていますが、これはATレバーの操作ミスや、ペダルの急な踏み込みが原因です。

これらを防ぐのが[AT誤発進抑制制御]機能で、壁や生け垣などの障害物が検知されると、警報音と警告表示で注意を喚起。そして同時にエンジン出力を抑え、発進をゆるやかにします。ここでのポイントは前進のみの場合と、バックにも機能するかという点です。多くの事故の場合、バックでの急発進であることが少なくないので、前進だけでなく、後進にも機能するのかを確認する必要があります。

まとめ

安全装備の技術は早いスピードで向上しており、同じ車種でも、次々に機能がブラッシュアップされています。車種によっては年に何回も機能が追加されたりするので、中古車を選ぶ最などは、初年度の登録年月日から装備の機能を確認しておく必要があります。
クルマ選びにおいては、まずは、国が推進する「サポカー」の中でも、最も基準の高い「サポカーSワイド」を取得している車種を選びましょう。
「サポカーSワイド」は、自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置(誤発進抑制制御)、車線逸脱警報、先進ライトが装備された車種です。

関連記事

  1. ホンダセンシングを過信しないで!

  2. 新型「ポロ」は大きくなってもやはりポロ

  3. 2月度新車販売ランキング/登録乗用車はノートがトップ

  4. ちょっと待って!N-BOX買う前にもう一度考えてみよう

  5. 話題の新車はどうなった?ライバルを超えたのか?

  6. 2017年新型スズキクロスビーは広い室内と愛着の沸くデザイン

PAGE TOP