車買取における高額査定の秘訣とは!?

今回は、車の買取裏事情の中でも「高額査定の謎」に迫っていきたいと思います。
なぜ持ち込む店舗によって買取額が異なるのか?
この疑問は売り手の私たちにとっても1番気になるところではないでしょうか。
物には相場があり、必ず買い手の都合により、その価格は上がり下がりする仕組みになっています。
では、最も高い価格で買取をしてもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
その答えをみなさんにご紹介させて頂きます。

1.買取具体例(トヨタVOXY)

早速ですが、トヨタのVOXYを買取査定すると想像して下さい。
① 買取店Aさんは30万円
② 買取店Bさんは40万円
③ 買取店Cさんは50万円
だったとします。
なぜ最大で20万円もの差が開いてしまうのでしょうか。
いくつか答えはあるのですが、今回は得意車種・販売経路・バックオーダーなどに関してご紹介させて頂きます。

 

1-1.買取店には得意車種がある!?

これは業界に精通していれば当たり前のことなのですが、買取店は買取をした車を基本的には、業者間オークションにて出品することにより利益をだしているのです。
業者間オークションを簡単にご説明させて頂くと、中古車販売店の主な仕入れ先と考えて下さい。
オートオークションと呼ばれています。

買取店が出品した車を中古車販売店がいわゆるオークション形式で落札して仕入れていくという流れになっています。
よく海外へ中古日本車が輸出されていきますが、あれも外国人がオートオークションにて落札しているものが大半です。
ここまでの説明は、上記VOXYが中古車販売店の店頭価格、つまり中古車相場で60万円で売れる場合を想定しています。

ここでおさらいしてみましょう。
買取店Aさんは30万で仕入れ、40~50万円ほどでオートオークションにて落札されると見ています。
VOXYは得意車種ではないらしく、無理をしてまで高い価格で買う必要はないと考えているのでしょう。
それが故に、B店C店には勝つことができません。
一方で買取店Bさんは買取店Aさんよりは少し高い金額で攻めており、50~60万円でオートオークションへと流すことが予想されます。
VOXYは得意車種で、買取相場を把握している為、ここまでギリギリのところまで攻めることができるのです。
しかし、買取店Aさんには勝ちますが、買取店Cさんには負けてしまいます。
ここで重要なのは、得意車種の相場が読めるかどうかがポイントとなっています。

1-2.販売経路、バックオーダーの違いとは!?

結果的に買取店CさんがVOXYを買取することができたのですが、一体その勝因はどこにあったのでしょうか?
その勝因とは、買取店Cさんは直販もやっており、全国のチェーン店の店頭で仕入れた車を直接お客様に販売しています。
そして、このケースではVOXYのバックオーダーが存在しました。
全国規模でのバックオーダーのデータを持ち、ちょうど60万円程でVOXYを購入したいというお客様がいて、入庫したらすぐにでも買ってもらえるオーダーが入っていたという訳です。

今回の場合、販売の経路として直販をしていた買取店Cさんに軍配が上がりました。
ここでの買取店Cさんはタイムリーに仕入れた中古車を買ってもらえるというメリットがありました。
それが故に攻めの姿勢で買取ができたのです。
買取店は直販をしている店舗も多いので、バックオーダーがすでに入っている場合などや、バックオーダーがなくても得意車種の査定に強い場合など、高額査定が出る買取店に当たれば10万円単位で差が付くこともあるのです。

買取店によって査定額が大きく異なる理由は、外から見ているだけでは全く分かりません。
売り手としては、このような査定の強い買取店に遭遇するまでは、辛抱強く数多くの買取店に足を運ぶのがベストです。

関連記事

  1. 車買取における査定担当者の裏事情とは!?

  2. トヨタ ノアを高価買取してもらう方法とは!?

  3. 日産フーガを高価買取してもらう方法とは!?

  4. 車買取裏事情

  5. トヨタ ヴォクシーを高価買取してもらうコツとは!?

  6. 自動車ディーラー経験者が語る素人さんが気を付けるべき裏話

PAGE TOP