新型スペーシアはN-BOXを超えたのか?


スズキは、軽ハイトワゴンの「スペーシア/スペーシアカスタム」をフルモデルチェンジし2017年12月14日より発売しています。軽ハイトワゴンのベンチマークはもちろんホンダのN-BOX。過去に圧倒的な人気の差をつけられてきたスズキは、このニューモデルで一気にN-BOX超えを狙うことになります。

N-BOXにかなわなかった前モデル

前モデルが、スペック的にはライバルと互角であるのにかかわらず、販売が不調だった要因の一つが、「スペーシア/スペーシアカスタム」ともに、インパクトのないデザインでした。サイズがかぎられ、個性の出しずらい軽自動車の中でも、モアスペースを追求するハイトワゴンは特に画一的なデザインになりがちです。

そんな状況において、空気抵抗の増加を承知の上でÅピラーを立てて、より広い室内空間を得られるボックス形状を極めたN-BOXが大ヒットしました。そこで、「スペーシア/スペーシアカスタム」もこのより広い室内スペースを予感させるべく、ボックス形状を採用することになりました。

「スーツケース」で演出

そして、同じようにÅピラーを立てながらも、「スーツケース」をモチーフにすることで、N-BOXに似てしまうのを避け、これまで埋没していた個性を演出することにしたのです。

さらに、標準車の「スペーシア」では丸目基調のヘッドランプを与えて、小動物のような愛くるしさを与え、「スペーシアカスタム」には、前モデル後期に投入して人気グレードとなった「カスタムZ」のデザインをもとに、さらに迫力あるフロントグリルとなり、無機質なN-BOXとは対照的な個性あるスタイリングとなったのです。

前モデルでは、豊富なシートアレンジのN-BOXや、ミタクルオープンドアのタントの様な、がユーザーを引き付ける演出も足りませんでした。「スペーシア」と聞いても何も思いつかなかったのです。

新型は注目の装備を用意

今回は、使い方が広がる自由な空間を用意。大きなリアゲートには、開口部には自転車の積み降ろしをサポートする「ガイド」を設置して、27インチの自転車もラクに載せることができるようになりました、ちょっと「へこみ」をつけて自転車がスムーズに載せられるだけのことですが、常に自転車を乗せる人にはうれしい工夫です。

室内の空気を効率よく循環させて、冷たい空気や温かい空気の偏りを解消する「スリムサーキュレーター」や、「フロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイ」も、ライバルにはない「スペーシア/スペーシアカスタム」の特徴となります

関連記事

  1. なぜ今?シエンタに2列シート車登場

  2. プリウスに匹敵する燃費の「新型インサイト」の情報が発表された

  3. 新型「ポロ」は大きくなってもやはりポロ

  4. 2017年新型スズキクロスビーは広い室内と愛着の沸くデザイン

  5. クルマの安全装備はどこまで理解してる?

  6. 2018年度上半期の新車販売台数、ホンダの「N-BOX」が首位を獲得

PAGE TOP