車買取業者とのトラブル!?瑕疵担保責任とは?


インターネットが普及してから、車の査定や売却までもがオンラインで行える世の中になってきました。
車の査定に関してはオンラインで一括査定を行うことにより、一度に複数社から見積もりを取ることも可能です。
そんな便利になった車の買い取りにも、車買取業者とのトラブルは尽きません。
今回は実際にあった車買取業者とのトラブルをご紹介します。

1. 愛車を引き渡した後に事故歴が発覚する!?

よくあるトラブルの中でも多いのがこのケースになります。
実際に車の買取業者に訪問査定に来てもらい、その場で査定額に納得がいき売買契約を結んだとしても、引き渡した後に事故歴があることが発覚してしまうと、その契約自体が最悪の場合には破棄になることもあります。
運が良くても半額程度にまで下がる可能性は大いにあります。
これを専門用語で瑕疵担保責任と言います。
これは車に隠れた瑕疵(故障・事故歴)が見つかった場合には、損害賠償や契約をキャンセルできるというものになります。
では、なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

1-1. あなたが虚偽報告をした場合

もし、あなたがバレないであろうと嘘を付いてしまったのであれば、売買契約の破棄は甘んじて受けなければなりません。
車の査定では査定後に、一度営業マンが自社に持ち帰り更に細かい部分まで車を検査し直します。
この際によく事故歴やエンジントラブルなどが発見されることも多々あります。
事故歴に関しては素直に話すのが一番で、その上で査定額を交渉したほうがより良い結果が生まれます。

1-2. 中古車として購入したため、前歴を知らなかった

あなた自身も手放した愛車を購入した時は、すでに前にオーナーが何人かいた中古車であり、事故歴があったかどうか分からないこともあると思います。
そんな時には、「以前事故歴があったようなので減額します。」と言われても納得いきませんよね。
そういう場合には、後述する対処法を実践してください。

2. 契約書に一筆加える

後々このようなトラブルにならないためにも、契約書を交わすときは、きちんと記載されている文言を確認する癖をつけましょう。
大抵の買取業者との契約書には、瑕疵担保責任という言葉があり、なければ気にする必要はありませんが、この言葉を確認したらきちんと買取業者から説明をしてもらいましょう。
そして、訪問査定に来た営業マンにさらに一筆「売買後の金額変更は認められない」など加えてもらうことをお勧めします。
契約書として交わした以上は、後々あなたの知らない事故歴が発覚したとしても、契約破棄などと言われることはありません。

関連記事

  1. 知っておかないと損をする!「車を売却する方法はひとつじゃない!」

  2. 日産フーガを高価買取してもらう方法とは!?

  3. 日産 エルグランドを高価買取してもらう方法とは!?

  4. トヨタ ヴォクシーを高価買取してもらうコツとは!?

  5. 2月度新車販売ランキング/登録乗用車はノートがトップ

  6. 自動車ディーラー経験者が語る素人さんが気を付けるべき裏話

PAGE TOP