トヨタ ヴォクシーを高価買取してもらうコツとは!?

トヨタのヴォクシーと言えば、トヨタ車の中でも1位2位を争うほど人気のある車種ですが、その発売は2001年とまだ新しい部類に入ります。
ドレスアップ的な要素がふんだんに盛り込まれている印象も強いヴォクシーですが、パワースライドドア搭載など実用性も兼ね備えています。
ヴォクシーの中でも「ZS」「ZS煌」など、若い方だけではなく、見た目にこだわる30代~50代の男性も虜にしていることが人気の秘訣かもしれません。
そこで今回は、トヨタ ヴォクシーを高価買取してもらうコツをみなさんにご紹介していきたいと思います。
これからヴォクシーの売却を検討されている方は、ぜひとも参考にしてみてください。

1.グレード別買取相場表

ヴォクシーのグレードは大きく分けると、「X」「V」「ZS」「G‘s」に分けられます。
ちなみに、基本グレードは「X」であり、そこへ利便性を追求した装備が搭載されているモデルが「V」となります。
「ZS」は「V」の装備をさらに豪華に装飾し、「G‘s」は走行性能をグレードアップしたモデルとなっています。
それでは表を見ていきましょう。

順位 グレード 年式 買取相場
1位 ハイブリッド ZS(7人乗り) 2016年~ 250万円前後
2位 ハイブリッド V(7人乗り) 2014年~ 200万円前後
3位 ハイブリッド ZS 煌Ⅱ(7人乗り) 2016年~ 230万円前後
4位 ハイブリッド X(7人乗り) 2014年~ 190万円前後
5位 V( 7人乗り) 2010年~ 120万円前後
6位 ZS(7人乗り) 2007年~ 80万円前後
7位 V( 8人乗り) 2014年~ 180万円前後
8位 ZS(8人乗り) 2007年~ 80万円前後
9位 ZS G‘s(7人乗り) 2016年~ 250万円前後
10位 ZS 煌Ⅱ(7人乗り) 2009年~ 100万円前後

やはりヴォクシーの買取ランキングに関しても、最近の燃費が良い車が選ばれる傾向にあると言えます。
ヴォクシーに関しては、国内外問わず人気もあるため、ある程度は走行距離が長い車であっても、海外でまだまだ高く売れる傾向にあります。
そのため、お持ちのヴォクシーに年式や走行距離の点で不安があったとしても、強気に査定に出してみることをおすすめします。

2.主な装備品について

ヴォクシーの主要装備についても見ていきましょう。

LEDヘッドランプ(C packageは除く)
SRSエアバッグ
オプティトロンメーター
マルチインフォメーションディスプレイ
ステアリングスイッチ
7速スポーツシーケンシャルシフトマチック
キャプテンシー
8人乗り用ベンチシート
助手席側パワ-スライドドア(C packageは除く)

これだけの装備が標準装備として搭載されているのは嬉しい限りです。

3.高く売るコツとは?

ヴォクシーに関しては、買取価格は走行距離よりも年式に左右される傾向があるため、新しい車であれば自信を持って査定にだしましょう。
走行距離が気になるという方でも、車のコンディション(室内外環境)をきれいに保つことにより、より高額査定が期待できるでしょう。
当サイトでは、これからもみなさんの高価買取を応援します。

関連記事

  1. 車買取における高額査定の秘訣とは!?

  2. 日産 エルグランドを高価買取してもらう方法とは!?

  3. 誰もが陥る車買取の落とし穴とは!?

  4. 自動車ディーラー経験者が語る素人さんが気を付けるべき裏話

  5. トヨタ ノアを高価買取してもらう方法とは!?

  6. 中古車の売却時に伝えるべきポイント!!

PAGE TOP