2017年新型スズキクロスビーは広い室内と愛着の沸くデザイン

スズキから、2017年12月25日に発売された、小型クロスオーバーワゴン「クロスビー」は、ワゴンの広い室内空間と使い勝ってと、個性的で愛着がわくデザイン、そして力強いSUVの走破性をも兼ね備えた、新ジャンルの小型クロスオーバーワゴンです。その姿を見て、誰もが思うのは、軽自動車に新風を巻き起こした「ハスラー」です。「クロスビー」はこの「ハスラー」のように、国内のコンパクトSUVクラスに衝撃を与えたのでしょうか。

ベースはハスラーではなくイグニスだ

メーカーがどう否定しても、クロスビーのルックスは、やはり「ハスラー」を意識せずにはいられません。しかし、でかい「ハスラー」ではなく、コンパクトサイズのクロスオーバーSUVに、「ワゴン」という要素をプラスした、クロスオーバーワゴンという新ジャンルを確率しました。

軽自動車の「ハスラー」ではなく、小型車「イグニス」をベースとした新設計にしたことで、デザインに自由度が生まれ、フェンダーやバンパーの張り出しによって、SUVらしいたくましさを与えています。

ワゴンの要素は「ハスラー」と同じで、同クラスのコンパクトカーより室内高く取ったことで、C-HRやCX-5と比べても、解放感のある居住空間を確保しています。

これにより、SUVとしては背が低く、スタイリッシュであるけど、実用性には何のあったライバルのクロスオーバーSUVより、普段使いにもより適した、それこそ「ハスラー」のように、女性にも乗りこなせる車種になっています。

ライバル不在のボディサイズ

スズキ クロスビーのサイズは、全長3760mm、全幅1670mm、全高は1,750mmで、この「コロッ」とした比率のSUVは珍しく、まず多くのコンパクトSUVは4mを大きく上回っていることで、クロスビーの異質さがわかります。
ちなみにベースとなった「イグニス」は全長がクロスビーより短いために、クロスビーの方が室内と荷室スペースに余裕が生まれています。

走行性能だってこだわる

エンジンも3気筒の1.0L直噴ターボに、マイルドハイブリッドをスズキで初搭載し、6ATとあいまって、走り出すと、ターボ独特の力強い加速と変速のスムーズさが感じられます。

さらに4WD車では、前後輪に最適な駆動力を配分するビスカスカップリング式の4WDシステムを採用。また、
「スポーツモード」と「スノーモード」の2つのモードを選択でき、さらに、滑りやすい路面では「グリップコントロール」や、「ヒルディセントコントロール」を4WD車に標準装備することで、SUVらしい走行性能も併せ持たせました。

充実した安全装備

安全装備では、リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後方の障害物を検知する、スズキ小型車初となる「後退時ブレーキサポート」を採用。さらに後方誤発進抑制機能、リヤパーキングセンサーを搭載しています。

まとめ

クロスビーで気がかりなのは1,765,800円からという価格設定です。ベースとなった「イグニス」は1.2Lのマイルドハイブリッドで1,382,400円からという低価格で、その差は約40万円。また、「スイフト」や「ソリオ」も余裕で購入できる価格帯でもあるのです。

形が気に入っただけならば、さらに安い「ハスラー」でいいと思う人もいるかも知れません。また、せっかくSUV
を買うなら、ホンダのヴェゼルにも手が届きます。それでもクロスビーを買うのか?それだけの魅力があるのか?そう言えば三菱からも新しいSUV「エクリプスクロス」が出る予定となっています。しばらくユーザーの悩みは続きそうですね。

関連記事

  1. ちょっと待って!N-BOX買う前にもう一度考えてみよう

  2. 2月度新車販売ランキング/登録乗用車はノートがトップ

  3. ホンダセンシングを過信しないで!

  4. 新型スペーシアはN-BOXを超えたのか?

  5. その点検パック本当に必要?点検パックの裏

  6. マツダCX-8はミニバンに取って変われるのか?

PAGE TOP